秋田のニュース

<金足農準V>猛打に屈すもスコアボードに意地の2点刻む

金足農―大阪桐蔭 7回表金足農1死一塁、菊地亮が右越えに適時二塁打を放つ。捕手小泉

 ▽決勝
金足農 (秋 田)001000100=2
大阪桐蔭(北大阪)30036010×=13

 【評】金足農が大阪桐蔭の猛打に屈した。先発吉田は一回、2死満塁から暴投と2点二塁打で3点先取されると、四回は宮崎に左越え3点本塁打を許した。五回は根尾の2点本塁打など7長短打を浴び6失点して降板した。
 打線は三回に佐々木大夢の犠飛で1点を返し、七回は菊地亮の適時二塁打で1点を加えたが、反撃はここまでだった。
 大阪桐蔭は15安打で13得点。先発柿木は5安打2失点で完投した。

◎打線 意地の2点

 金足打線は諦めなかった。大阪桐蔭に大量リードを奪われながら、スコアボードに刻んだ二つの「1」は、雑草軍団の意地を示していた。
 三回、斎藤が四球で出塁、菅原天は初球をきっちり一塁線に転がし斎藤を二塁に進める。暴投で1死三塁とし、佐々木大夢は高めの直球をたたいて右犠飛。1点を返し食い下がった。犠打で好機をつくり、中泉監督は「普段通りをやり抜きたかった」と振り返った。
 1−12と差が広がった七回は、準決勝まで見せていた躍動感のある攻めを披露した。1死一塁。菊地亮がバットを振り抜くと右翼手の頭を越える二塁打。安打で出塁していた一走高橋が一気に本塁を陥れた。苦しみながらマウンドに立つ吉田ら先発メンバーの9人を支えようとベンチの選手たちは懸命だった。秋田大会から出場経験がない工藤は「まだ反撃のチャンスはある。リラックスしましょう」と鼓舞。チーム一丸で戦う姿勢を貫いた。
 強豪の壁は厚かった。それでも、冬場に雪の中を走り込んで鍛えた力と全員が地元出身の絆を強みにして挑んだ夏に悔いはない。「このメンバーだったから決勝も戦えた。応援してくれた全ての人に感謝し、胸を張って帰る」と佐々木大夢主将。涙を拭った表情はすがすがしかった。(大谷佳祐)


2018年08月22日水曜日


先頭に戻る