宮城のニュース

<楽天>アマダーのドーピング違反に異議申し立て

 プロ野球東北楽天は22日、ジャフェット・アマダー内野手(31)がドーピング違反により日本野球機構(NPB)から6カ月の出場停止処分を科せられたことについて、NPBに対して異議申し立てを行ったと発表した。この日が申し立ての期限だった。
 安部井寛チーム統括本部長は「アマダーは意図的に摂取はしていないと主張し続けている。裁定への不満というより、(アマダー自身が)もう少し調べたいということだ。球団としても引き続き原因を調査する」と説明した。
 今後、9月4日までに弁明の機会が与えられ、アンチ・ドーピング特別委員会が異議申し立てに関する判断を下す。NPBの井原敦事務局長は「(弁明の場で)球団の代表の方にご説明をいただく」と話した。
 アマダー内野手は6月13日に仙台市の楽天生命パーク宮城で行われた中日戦後に採取した尿検体から、利尿作用のあるクロルタリドンとフロセミドが検出され、8月9日に処分が発表された。


2018年08月23日木曜日


先頭に戻る