宮城のニュース

<全国中学野球>秀光中教校、優勝逃す タイブレーク1−2

秀光中教校−高知 先発し力投を見せた秀光中教校の主戦伊藤

 第40回全国中学校軟式野球大会は23日、広島県呉市の市二河野球場で決勝を行い、東北第1代表の秀光中教校(宮城)は四国第1代表の高知と対戦し、延長十一回タイブレークの末に1−2で敗れた。初優勝した2014年以来、4年ぶりの優勝はならなかった。
 試合は0−0のまま延長戦に突入し、十回から無死満塁で始まるタイブレーク方式となった。十回に1点ずつ取り合って迎えた延長十一回、高知に1点を取られたが、秀光中教校は先頭から三振と三振併殺に倒れ、涙をのんだ。
 先発伊藤樹は六回まで高知打線を0点に抑えた。七回に2番手笹倉世凪が2死満塁のピンチを招いたが、再び登板した伊藤が無失点で切り抜け、延長戦も最後まで投げ抜いたが、一歩及ばなかった。

 ▽決勝(呉市二河野球場)
高知(高知)
00000000011=2
00000000010=1
秀光中教校(宮城)
(延長十一回、十回からタイブレーク)


2018年08月23日木曜日


先頭に戻る