秋田のニュース

<金足農準V>秋田空港に1400人出迎え「秋田県民、東北人の誇り」

秋田空港に到着し、熱烈な出迎えを受ける金足農ナイン=22日午後3時40分ごろ

 第100回全国高校野球選手権大会で秋田県勢として103年ぶりの準優勝を成し遂げた金足農ナインが22日、空路で秋田に帰った。秋田市の秋田空港には約1400人が詰め掛け、歓声と拍手で健闘をたたえた。
 到着ロビーに選手たちが姿を現すと、次々に「お帰り」「ありがとう」の声が上がった。6試合で62三振を奪い、大会の主役となった吉田輝星(こうせい)投手は照れたような笑顔を見せた。
 逆転3点本塁打や逆転サヨナラ2点スクイズで強豪校を相次いで破り、県立の農業高校は全国に鮮烈な印象を残した。秋田市の無職佐藤俊通さん(65)は「秋田県民、東北人の誇りだ」と称賛した。
 選手たちは空港から市北部の金足農高に移動し、在校生や近隣住民から盛大な出迎えを受けた。


2018年08月23日木曜日


先頭に戻る