秋田のニュース

<B1秋田>韓国プロチームと対戦 来月15、16日に親善試合

記者会見で国際親善試合の内容を発表する水野社長

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)で今季戦う秋田は22日、秋田市のCNAアリーナ★あきたで9月15、16日に韓国バスケットボールリーグ(KBL)の「昌原(チャンウォン)LGセイカーズ」と国際親善試合を行うと発表した。
 10月に開幕する2018〜19シーズン前の開催となる。秋田県庁で記者会見した水野勇気社長は「韓国はバスケが盛んな国で、開幕に向けた大事な試合になる」と述べた。
 韓国チームとのプレシーズンゲームは、12年9月にKBL所属の「ウォンジュ・トンブプロミ」と対戦して以来。
 全9席種で、ロイヤルシート(5000円)、2階自由(前売り大人1500円、小中高生500円。当日はそれぞれ1000円、500円増し)など。
 試合は午後2時開始。チケットは8月26日からインターネットの販売サイトやコンビニなどで取り扱う。連絡先は秋田ノーザンハピネッツチケット事務局050(3536)0577。


2018年08月23日木曜日


先頭に戻る