福島のニュース

指定廃処分の情報発信 環境省、福島・富岡に「リプルンふくしま」開設

展示を体験する委員会メンバー。処分場の模型にタブレットをかざすと、設備の説明や埋め立て後の姿が見られる

 東京電力福島第1原発事故で発生した福島県内の指定廃棄物などを埋め立てる最終処分事業で、環境省は24日、処分場が立地する福島県富岡町に情報発信施設「リプルンふくしま」を開設する。22日、有識者や周辺住民らでつくる環境安全委員会に施設を公開した。
 施設は国道6号沿いの用地約2.5ヘクタールに整備した。処分事業や安全対策、放射線の性質などを、パネルや模型とデジタル技術を組み合わせた展示で紹介する。
 来場者が放射線モニタリングを体験できる屋外スペースがあるほか、処分場の処理水が放流された小川の水質検査などもできる。
 視察した委員会の河津賢澄委員長(福島大特任教授)は「県内外のいろいろな人に状況を体験してもらうことが重要。子どもも楽しんで理解できるよう展示が工夫されている」と評価した。
 環境省の担当者は「事業を進める上で徹底した情報公開が大事。触れて遊ぶ要素も取り入れて理解いただき、安全安心につなげたい」と説明している。
 最終処分場は昨年11月、全国で初めて稼働した。


2018年08月23日木曜日


先頭に戻る