福島のニュース

プール授業中に一時呼吸停止 福島・二本松の小2男児

 23日午前10時半ごろ、福島県二本松市油井小で、プールの授業中、2年生の男子児童(7)がプールに沈んでいるのを別の児童が見つけた。男子児童は一時、呼吸停止状態となった。
 同校によると、男子児童はビート板を使い、25メートルを泳いでいた。担任の女性教諭が人工呼吸を行い、呼吸が回復。男子児童はドクターヘリで福島市の病院に運ばれ、治療を受けている。
 授業には2年生57人が参加。女性教諭2人がプール内に、プールサイドに女性職員1人がいた。男子児童は水泳が得意で教室にも通っているという。
 福島地方気象台によると、二本松市の23日の最高気温は34.6度。校長によると、プールの授業は午前に限って実施する判断をしていたという。


関連ページ: 福島 社会

2018年08月24日金曜日


先頭に戻る