福島のニュース

裏磐梯中学校長を停職12ヵ月 スペイン研修中女性の肩や脇腹を触ったり、性行為に誘う

 福島県教委は24日、スペインのバルセロナ日本人学校の校長当時、学校関係者の成人女性にセクハラ行為をしたとして、北塩原村裏磐梯中の渡部恵志校長(54)を停職12カ月の懲戒処分とした。渡部校長は同日付で依願退職した。
 渡部校長は7月中旬、バルセロナ市近郊で複数人と飲食後、女性と屋内で2人きりになり、複数回にわたって女性の肩や脇腹を触ったり、性行為に誘ったりした。
 女性が日本人学校に通報して発覚した。渡部校長は今月7日付で文部科学省から解任され、同日帰国した。
 渡部校長は2017年4月、裏磐梯中校長の肩書のまま長期研修で日本人学校長に着任。任期は2年だった。県教委に対し「極めて不適切な言動をしてしまった。被害女性の心を深く傷つけてしまい申し訳ない」と事実関係を認めているという。


関連ページ: 福島 社会

2018年08月25日土曜日


先頭に戻る