宮城のニュース

<楽天>2週間ぶり登板の岸、5回2失点 次回は「普通にいけるかな」

岸孝之

 東北楽天の先発岸は右膝痛が回復し、2週間ぶりの登板で5回108球、2失点と力投した。「最初は右膝を若干、気にしたところはあったが、回を追うごとに(それが)なくなり、しっかり投げられるようになった」と振り返った。
 立ち上がりは、いつもの制球力が影を潜めた。一回は四球絡みで1点を失い、二回は1死一塁から清水に対してボール先行でフルカウントにしてしまい、適時二塁打を許した。
 ただ、三回以降は毎回走者を出しながらも要所を締めて無得点に抑えた。「守備に助けられたこともあって2点で終わった。よく粘れたと思う」と岸。次回登板については「普通にいけるかな」と語った。


2018年08月26日日曜日


先頭に戻る