宮城のニュース

<楽天>島内同点弾 意地の引き分け「チームに少しでも貢献できて良かった」

9回東北楽天無死、島内が右越えに同点ソロを放つ。投手浦野

 東北楽天は終始リードすることなく劣勢を強いられたものの、投打で粘り負けなかった。平石監督代行は「順位を考えると勝たなければいけないが、この試合に関しては価値ある引き分けだ」と評価した。
 2−2の八回、大物新人の清宮に本拠地初本塁打となる勝ち越しソロを打たれた。球場は勝利を確信した相手ファンの熱気で沸き立ったが、九回に島内が一振りで静めた。
 抑えの浦野の2球目、145キロの真ん中高めの直球を右翼席に運ぶ起死回生の同点ソロ。「(清宮のソロが決勝点にならず)とても多くの人を敵に回した気分。申し訳ないです」と冗談交じりに振り返りつつ、「(前の試合から)全く打てなかったので、チームに少しでも貢献できて良かった」と笑みを浮かべた。
 意地の一打に触発されのか、九回以降を任された救援陣も奮起した。十回に登板した5番手青山は清宮の中越え三塁打などで2死一、三塁とされたが、代打鶴岡を左飛に仕留めた。「(清宮が打って)盛り上がったが、あと一人をアウトにすればいいと思っていた」と冷静だった。
 チームはこれで7カード連続で勝ち越しを逃したが、勝利への執念は失っていないことを証明する試合だった。
(狭間優作)


2018年08月26日日曜日


先頭に戻る