宮城のニュース

<楽天>やれやれ 6人継投で踏ん張る

 東北楽天は延長に持ち込んで引き分けた。0−2の四回は枡田、銀次の連続適時二塁打で同点。2−3の九回は島内の7号ソロで追い付く粘りを見せた。
 先発岸は立ち上がりから制球に苦しんだが、5回8安打2失点でしのいだ。その後は松井ら6人の継投で1失点と踏ん張った。
 日本ハムは東北楽天の2倍以上の14安打を放ちながら15残塁と、あと一本が出なかった。

 日本ハム−東北楽天18回戦(8勝8敗2分け、15時1分、札幌ドーム、41,138人)
東北楽天000200001000=3
日本ハム110000010000=3
(延長12回裏終了、規定により引き分け)
(本)清宮4号(1)(宋家豪)=8回、島内7号(1)(浦野)=9回

☆イヌワシろっかーるーむ

<平石洋介監督代行(日本ハムの清宮に投手陣がソロ本塁打を含む3安打を許す)>
 「対応力が上がり、嫌な打者になっている。しっかり対策を取っていかないといけない」


2018年08月26日日曜日


先頭に戻る