宮城のニュース

夏の成長見て!仙台の小中学校が授業再開

夏休みに取り組んだ宿題を掲げる子どもたち=27日午前9時40分ごろ、仙台市宮城野区の原町小

 仙台市立の大半の小学校が27日、約1カ月の夏休みを終え、授業を再開した。子どもたちは友人や先生との再会を喜び合った。
 宮城野区の原町小(児童528人)は体育館で朝会を開いた。津久井隆之校長は「いろんな人と関わることで人は成長できる。元気なあいさつ、思いやりを大切に過ごしてほしい」と呼び掛けた。
 1年1組の教室では児童らが宿題を提出し、夏休み中に描いた絵を発表した。喜多方市の祖母に会いに行った沢井さくらさん(7)は「プールに行ったり、お祭りに行ったりして楽しかった」と振り返った。
 市立校は2学期制。小学校は120校中115校、中学校は63校中2校がこの日、授業を再開し、全市立小中学校が1学期後半に入った。1学期は10月5日まで。


関連ページ: 宮城 社会

2018年08月27日月曜日


先頭に戻る