宮城のニュース

トラック窃盗で容疑者2人逮捕 被害額1億円以上か

 クレーン付きトラックを盗んだとして、宮城県警捜査3課などは27日、盗みなどの疑いで、茨城県阿見町、残土処理業野口修一(54)=窃盗罪で公判中=、いわき市小名浜西君ケ塚町、建設作業員槙峰典郎(43)の両容疑者を逮捕した。
 逮捕容疑は共謀して昨年10月5〜6日、福島県平田村の電気工事会社駐車場でクレーン付きトラック(約800万円相当)を盗んだ上、同6〜13日、いわき市の土木工事会社駐車場でクレーン付きトラックを盗もうとした疑い。
 同課によると宮城、福島など4県で昨年10月〜今年1月、同様の手口で車30台が盗まれ、被害額は1億円以上に上る。野口容疑者のトラック盗容疑での逮捕は5回目。同課は同容疑者が共犯者を入れ替えながら犯行を繰り返したとみている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年08月28日火曜日


先頭に戻る