宮城のニュース

新米、もうすぐお届けします 極わせ種稲刈り始まる 宮城・大崎

五百川を刈り取る岩崎さん

 古川農協管内のトップを切って27日、宮城県大崎市松山下伊場野で極わせ種「五百川」の刈り取りが始まった。
 農業岩崎芳邦さん(67)が、4月26日に作付けした田んぼ0.5ヘクタールで行った。前日の強い風雨で一部が倒伏したが、岩崎さんは「8月の天候に恵まれなかった昨年に比べて出来は良いと思う」と期待を込めながら刈り取った。
 管内の五百川の作付けは計2.5ヘクタール。岩崎さんの五百川は29日に検査を受け、9月1日には店頭で販売される。管内で主力品種のひとめぼれは、9月15〜20日ごろが刈り取りのピークになる見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2018年08月28日火曜日


先頭に戻る