宮城のニュース

装備品をネット出品、陸自隊員を停職処分「どのくらいの値が付くのか興味あった」

 陸上自衛隊大和駐屯地(宮城県大和町)は27日、戦闘靴など国から自衛官に貸与される「官品」をインターネットオークションで売却したとして、第6戦車大隊の40代の男性2等陸曹を停職6日の懲戒処分にした。同駐屯地によると、2014年12月と16年9月、戦闘靴1足とヘルメット1個、ヘルメットの覆い2個を出品し、計6万円で売った。2等陸曹は「処分予定の装備を先輩の自衛官にもらった。どのくらいの値が付くのか興味があった」と話しているという。陸自多賀城駐屯地(多賀城市)も同日、他の隊員の防護マスクを駐屯地内に隠したとして、第22普通科連隊の男性1等陸士(19)を停職2日の懲戒処分にした。


関連ページ: 宮城 社会

2018年08月28日火曜日


先頭に戻る