宮城のニュース

認知症患者支えよう 仙台で31日、コンサート

 台湾で認知症患者を支援する団体のメンバーで構成する合唱団が31日、仙台市青葉区のエル・パーク仙台でコンサートを開く。県内の合唱団も参加し、歌を通じて両国の交流を深める。
 認知症患者や家族、医師、看護師らでつくる台南市ゼーランディア認知症協会の有志による「山嵐合唱団」の16人が、台湾語や中国語の合唱曲を披露する。「認知症の人と家族の会県支部」の「翼合唱団」、尚絅学院大の聖歌隊もそれぞれ数曲を披露し、全員で日本語の「翼をください」を合唱する。
 山嵐合唱団は認知症患者の支援を目的に、台湾でコンサートや慰問活動に取り組む。協会が仙台市内の介護施設などの視察で29日から来県するのに合わせた。
 午後6時開演。定員100人(先着)。入場無料。連絡先は県アジアプロモーション課022(211)2824。


関連ページ: 宮城 社会

2018年08月29日水曜日


先頭に戻る