宮城のニュース

<富谷・黒川ウイーク>撮ラベル/大衡・パークゴルフ場 腕前競い笑顔広がる

広大な芝の上でパークゴルフを満喫。コースにはいつも笑顔があふれている

 「おっ、いいところに飛んだね」。青々と広がる芝生の上に、いつものはつらつとした声が響く。
 宮城県大衡村の「おおひら万葉パークゴルフ場」は6コース54ホールと県内屈指の規模を誇る。村外からも多くのゴルファーが訪れ、連日数百人がプレーを楽しむ。
 村民を対象にした大会が26日開かれ、約60人が集まった。ほとんどが顔見知りの間柄。プレー中は世間話に花が咲き、あちこちから笑い声が聞こえてきた。
 クラブ1本、ボール1個あれば、子どもからお年寄りまで気軽に楽しめるパークゴルフ。毎月のように訪れる大衡村の遠藤善千(ぜんち)さん(75)は「打って歩って、楽しく会話。健康にはこれが一番だね」と元気いっぱいだった。


関連ページ: 宮城 社会

2018年08月29日水曜日


先頭に戻る