宮城のニュース

<楽天>西武に5−6で敗れる 田中15号ソロ

 西武−東北楽天21回戦(西武15勝6敗、18時1分、上毛新聞敷島、15,512人)
東北楽天100004000=5
西  武01010040×=6
(勝)伊藤10試合1勝
(S)ヒース30試合3勝7S
(敗)則本21試合6勝10敗
(本)田中15号(1)(多和田)=1回、中村23号(1)(則本)=2回、浅村26号(3)(則本)=7回

 東北楽天の先発則本が終盤に崩れた。5−2の七回、秋山の適時打で1点を失うと浅村に逆転3ランを浴びた。七回途中6失点で10敗目を喫し、今季西武戦は4戦全敗。
 打線は一回、田中が右越えにソロ。1−2の六回は嶋の適時打で追い付き、岡島の2点打と西巻の適時打で5−2としたが、七回以降は無得点。
 西武は連敗を3で止めた。七回を無得点に抑えた3番手伊藤がプロ初勝利。

☆イヌワシろっかーるーむ

<田中和基外野手(今季2本目の先頭打者本塁打)>
 「(投手が)カウントを悪くしたくないだろうと思い、直球を待っていた。しっかりスイングできた」

<平石洋介監督代行(三重殺や併殺を繰り返した中盤までの攻撃に)>
 「1点が入るなら併殺でもいい場面はある。どこに打っていいのか、駄目なのか、整理しないといけない」


2018年08月29日水曜日


先頭に戻る