宮城のニュース

<北浦梨>来月、販売フェア 仙台など6市町

 北浦梨をPRするフェアが9月1日、宮城県美里町などで始まる。町内外の飲食店や直売所など38店が梨や加工品を販売するほか、抽選で町特産品の詰め合わせが当たるスタンプラリーもある。30日まで。
 参加するのは美里町と仙台市の飲食店など13店と、北浦梨を扱う仙台、大崎、富谷、美里、涌谷、加美の6市町のスーパーや直売所25店で、8店が今年新たに加わった。飲食店では北浦梨を使用したスープやデザートなどオリジナルメニューを提供する。
 「パン工房ラプラタ」(美里町)は梨をジャムに加工し、レモンスライスと共に包み込んだパンを作った。工房の渡辺晶さん(32)は「梨の甘みを生かしておいしく仕上げた。梨そのものはもちろん、加工した味も楽しんでほしい」と話す。
 北浦梨フェアは町と県美里農業改良普及センター、みどりの農協などの共催で5回目。連絡先は町産業振興課0229(58)2374。


関連ページ: 宮城 経済

2018年08月30日木曜日


先頭に戻る