宮城のニュース

<楽天>ハーマン失意3失点 カーブ決まらずつかまる

9回西武2死二塁、山川に右越えのサヨナラ打を許し、肩を落として引き揚げる東北楽天4番手のハーマン

 悪夢だ。東北楽天は4−2の九回、守護神が3点を失ってサヨナラ負けした。「自分の仕事ができなかった」とハーマン。19日のロッテ戦で救援陣が6点のリードをひっくり返された光景がよみがえった。
 九回に4番手で登板したハーマンは先頭のメヒアを中飛に打ち取ってリズムに乗ったかに見えた。だが、本調子ではない右腕は、ここから崩れた。
 代打栗山に直球を右中間にはじき返される二塁打を浴び、続く源田には四球。さらに暴投で二、三塁と傷口が広がると、秋山に2点右前打を許して同点に。2死二塁から主砲山川にスライダーを捉えられ、右越えのサヨナラ打となった。
 制球が定まらなかった。ベース前でワンバウンドした3球は全てカーブ。「この球がうまく使えず(投球の)幅が狭まった」と森山投手コーチ。球種が絞りやすくなれば、西武の強力打線を抑えるのは難しい。
 救援陣の不調は心配だ。3番手の青山も4−1の八回、中村の犠飛で2点差に迫られた。青山は「抑えていれば、この結果にはつながらなかった。責任を感じる」と表情を曇らせた。
 七回に内田と田中の2本塁打で3点を奪い、「勝つならこのイメージだと思える展開だったのに…」と平石監督代行。2日連続で逆転負けを喫し、足早に球場を後にした。(伊藤卓哉)


2018年08月30日木曜日


先頭に戻る