宮城のニュース

<B2仙台>新号「ハードワークや声出しでチームもり立てる」

トレーニングキャンプでシュート練習を行う新号

 昨季途中で加入したガードの新号が、今季は出場時間を増やしそうだ。「試合に出るのはうれしいし、楽しみだ。ハードワークや声出しで、チームをもり立てていきたい」と抱負を語る。
 練習でも最も大きな声を出し、チームに活気を与える23歳の若手司令塔。今季の目標として、3点シュートの成功率を40%以上に高め、ターンオーバーの倍のアシストを記録することを掲げる。「プレー一つ一つの精度を上げ、判断力を磨く必要がある」と意気込む。


2018年08月30日木曜日


先頭に戻る