青森のニュース

酒気帯び運転で事故、三沢市消防職員を停職

 青森県三沢市消防本部は29日、酒気帯び運転で交通事故を起こした50代の男性消防司令補を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。消防本部によると、男性は9日午前3時ごろ、市内の飲食店で飲酒し、帰宅する際に自家用車を運転して電柱に衝突。県警の任意の取り調べを受けた。男性は勤務時間外で、8日午後7時ごろから1人で酒を飲んでいたという。


関連ページ: 青森 社会

2018年08月30日木曜日


先頭に戻る