秋田のニュース

給食用カボチャに大腸菌

 秋田県大仙保健所は29日、食品加工のアルク(仙北市)が製造した学校給食用の冷凍カボチャから大腸菌群が検出されたとして製品回収を命じた。既に具材に一部使用されたが健康被害は報告されていない。回収対象は2017年10月製造の1560袋。


関連ページ: 秋田 社会

2018年08月30日木曜日


先頭に戻る