宮城のニュース

東北大工学部の実験棟でぼや

 30日午後8時35分ごろ、仙台市青葉区荒巻、東北大工学部の建築実験棟(一部2階)1階の建築材料実験室から出火、実験装置1台が焼けた。仙台中央署などによると、出火当時、室内は無人で施錠されていたが、装置を使って実験をしていたという。同署が原因を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年08月31日金曜日


先頭に戻る