岩手のニュース

目と舌で楽しんで 岩手・西和賀でソバの花が見頃

純白の花が一面に広がるソバ畑
JRほっとゆだ駅前にある湯夢プラザ提供の「雪室そば」特別メニュー

 岩手県西和賀町で、ソバの花が見頃を迎えている。町沢内庁舎からほど近い畑では、14ヘクタールで「岩手早生(わせ)」と「にじゆたか」を栽培。小さな花が一面の白いじゅうたんとなり、訪れた人たちの目を楽しませている。
 土地改良事業の遅れで田植えが間に合わなかった水田を転用し、今年に限ってソバを作付けした。9月末以降に実を収穫するという。
 地元農家にソバ栽培を推奨している町農業振興課は「町内各地で白い花が楽しめる。ぜひ足を運んでほしい」と呼び掛けている。
 町内の各飲食店では9月2日まで、雪室で長期保存した「雪室そば」を提供するイベントも開催中だ。


関連ページ: 岩手 社会

2018年08月31日金曜日


先頭に戻る