宮城のニュース

<楽天>投打に元気なく今季2度目の6連敗

東北楽天―ソフトバンク 5回ソフトバンク無死、今宮(左)に左越え本塁打を浴びうなだれる東北楽天先発の藤平=楽天生命パーク宮城

 東北楽天は投打に元気なく、今季2度目の6連敗となった。先発藤平は制球が甘く6回5失点で5敗目を喫した。一回に柳田に中越え3ラン、二回は甲斐の左越えソロ、五回には今宮に左越えソロを許した。2番手近藤は1回2失点。
 打線は一回、今江の左中間への適時二塁打で1点を返したが、二回以降はわずか2安打に抑えられ三塁を踏めなかった。
 ソフトバンクの先発千賀は8回1失点で11勝目。

東北楽天−ソフトバンク21回戦(ソフトバンク12勝9敗、18時、楽天生命パーク宮城、24,112人)
ソフトバンク310010200=7
東北楽天  100000000=1
(勝)千賀17試合11勝4敗
(敗)藤平10試合3勝5敗
(本)柳田31号(3)(藤平)=1回、甲斐6号(1)(藤平)=2回、今宮9号(1)(藤平)=5回

☆イヌワシろっかーるーむ
<今江年晶内野手(一回に左中間への適時二塁打)>
 「打ったのはカーブ。3点先制された後だったので、1点返せて良かった」

<栗原健太打撃コーチ(千賀を攻略できず)>
 「打ち損じはあったが、狙い球を決めて積極的に打つ姿勢は見せていた。うつむかずに次戦に臨んでほしい」


2018年09月01日土曜日


先頭に戻る