秋田のニュース

<19年度概算要求>地上イージス2352億円 防衛省敷地造成費は盛らず

 防衛省は31日発表した2019年度予算の概算要求に、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の関連経費2352億円を盛り込んだ。秋田市など配備候補地は反発を強めており、特定の候補地を想定した敷地造成費の計上は見送った。
 内訳は、弾道ミサイル防衛能力が飛躍的に向上するとされる米ロッキード・マーチン社製の最新鋭レーダー「SSR」を搭載した本体2基の取得経費2343億円、配備先を問わず必要な設計費7億円、陸上自衛隊員に対する教育訓練プログラム調査費2億円。
 防衛省は7月末、1基当たりの導入費を1340億円と公表し高額な経費に批判が出た。概算要求では、当初検討していた巡航ミサイル対処能力の付与を見送って150億円を節減。取得の際に想定される為替レートも円高修正し、経費を55億円切り下げた。その結果、1基当たりの導入費用は1237億円と100億円以上低減した。
 本体に搭載するレーダーで取得した情報をイージスシステム内で適切に運用するための試験費用131億円も必要となるが、防衛省は「19年度予算に盛り込む必要がない」として計上を先送りした。
 同省は、配備候補地に陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)、同むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)の2カ所を挙げている。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2018年09月01日土曜日


先頭に戻る