山形のニュース

<山形大雨>県内の5市町村で避難指示 住宅浸水や川氾濫

流木にぶつかり壊れた最上小国川の観光つり橋=31日午後1時5分ごろ、山形県最上町志茂

 東北地方は31日、山形県最上地方を中心に大雨となり、同県内の5市町村が避難指示を出した。住宅の浸水被害が相次いだほか、最上町大堀では最上小国川が氾濫、流木により付近に架かっていた観光用つり橋が壊れた。
 仙台管区気象台によると31日未明、山形県金山で1時間に56.0ミリの非常に激しい雨が降った。前線が日本海から東北に停滞し、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となった。
 山形県内の降り始めから31日午後4時までの総雨量は最上町瀬見と同町向町204.0ミリ、庄内町狩川201.5ミリ、金山192.5ミリ、真室川町差首鍋(さすなべ)191.5ミリなど。
 県によると新庄、最上、真室川、鮭川、戸沢の5市町村が508世帯1253人に避難指示を出した。最上町では床上、床下合わせて24棟が浸水。戸沢村でも浸水被害が出ており、村が確認を急いでいる。土砂でふさがれた道路もあり、最上町と戸沢村で計4世帯9人が孤立した。
 国土交通省山形河川国道事務所によると、冠水や排水作業のため国道47号は新庄市などの2カ所が一時通行止め。東北電力によると新庄など7市町村の延べ3737戸が停電した。
 JR東日本山形支店によると、山形新幹線は31日の始発から山形−新庄間で上下18本の運転を見合わせた。陸羽東線鳴子温泉−新庄間、奥羽線村山−院内間も終日運休した。


関連ページ: 山形 社会

2018年09月01日土曜日


先頭に戻る