宮城のニュース

<汚染廃棄物>堆肥化処理事業の説明会 宮城・栗原3ヵ所で6、8日

 宮城県栗原市は6、8日、東京電力福島第1原発事故で発生した放射性物質に伴う国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)以下の牧草の堆肥化処理事業に関する市民説明会を市内3カ所で開く。
 6日午後3時が市栗駒総合支所、8日午後3時が市若柳総合支所、8日午後7時が同市築館の市栗原文化会館。処理手法を解説し、質問も受け付ける。担当職員のほか千葉健司市長も出席する予定。
 市は7月、堆肥製造施設の建設候補地周辺の住民を対象にした説明会を開催。その後の市政懇談会で一般市民に事業概要を説明する予定だったが、市幹部が逮捕された官製談合事件の対応に伴い中断していた。
 連絡先は市放射性廃棄物等対策室0228(22)1172。


2018年09月02日日曜日


先頭に戻る