宮城のニュース

<パンダライオン>「I.N.K」制作・発信 栗原市が感謝状

贈呈式で笑顔を見せるパンダライオンのメンバー

 宮城県栗原市は8月25日、市の知名度向上に貢献したとして、同市を題材にしたユニークな音楽動画「I.N.K.」(田舎)が話題の男性グループ「パンダライオン」に感謝状を贈った。
 同市のイオンスーパーセンター栗原志波姫店特設会場であった市民まつりにグループを招き、記念品などを手渡した。千葉健司市長は「栗原を広く発信し、市民に元気を与えてくれた」と謝意を述べた。
 動画制作を企画した同市在住のボーカルMOZ(モズ)さんは大勢のファンを前に「栗原にたくさんの人が来てくれてうれしい。今後もできる限り地域に協力していきたい」と話した。「I.N.K.」の初ステージもあり、会場は拍手と歓声に包まれた。
 動画は、男性グループ「DA PUMP」のヒット曲「U.S.A.」の替え歌として作った。郡部特有のエピソードを盛り込んだ歌詞や、笑いを誘う映像が話題となり、動画投稿サイトのユーチューブで再生回数が160万回を超す人気となっている。


【youtube】
<おいでよ栗原>DA PUMP / U.S.A. (替え歌) → パンダライオン / I.N.K.カモンベイベー栗原
https://youtu.be/iWu-zG5jhUw


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月02日日曜日


先頭に戻る