宮城のニュース

嵐の前にひと汗 台風21号接近 あす夜から大荒れ

ランニングで汗を流す人がいた仙台市太白区八本松の広瀬川沿い=3日午前11時ごろ

 宮城県内は3日、前線や湿った東風の影響で曇りや雨となった。非常に強い台風21号の接近で、4日夜遅くから局地的に雷を伴った暴風雨になる見通し。
 仙台管区気象台によると、台風は5日朝に東北の日本海沿岸に近づくとみられる。5日午前6時までの24時間の予想雨量は多い所で100〜200ミリ。4日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、海上20メートル(30メートル)、陸上18メートル(30メートル)。
 仙台市太白区の広瀬川沿いでは曇り空の下、ランニングで汗を流す人がいた。
 管区気象台は、土砂災害や浸水、落雷、突風に注意するよう呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月03日月曜日


先頭に戻る