宮城のニュース

<仙台六大学野球>福祉大と仙台大が先勝

福祉大―東北大 無失点で勝利した福祉大の津森

 第1節第1日は2日、仙台市の東北福祉大球場で福祉大−東北大、仙台大−宮教大の各1回戦があり、福祉大と仙台大が先勝した。
 福祉大は津森の好投と元山、楠本の本塁打などで東北大に8−0で七回コールド勝ち。仙台大は相沢ら3投手の継投で零封し、望月の3ランなどで宮教大を4−0で下した。
 第1節第2日の3日は同球場で、宮教大−仙台大、東北大−福祉大の各2回戦がある。

◎リード着々広げる 

福祉大−東北大1回戦(福祉大1勝) 

福祉大0201203=8
東北大0000000=0
(七回コールドゲーム)
(勝)津森1試合1勝
(敗)谷口お1試合1敗
(本)元山1号(2)(谷口お)楠本1号(3)(中尾)

 【評】福祉大が快勝した。津森は威力ある直球を軸に東北大打線を寄せ付けず、7回3安打8奪三振で無失点。打線は二回に楠本の2点二塁打で先制し、元山、楠本の本塁打などでリードを広げた。東北大は打線が湿った。

<津森7回8奪三振、圧巻の投球>
 福祉大の津森が圧巻の投球を見せた。最速146キロの直球を軸に、スライダー、ツーシームなどを織り交ぜ、7回3安打8奪三振。「開幕戦を零点に抑えられたのは良かった」と笑顔を見せた。
 6月の全日本大学選手権で全4試合に登板した優勝の立役者。今夏は大学日本代表として海外遠征を経験し、「体の使い方を学んだ。今秋は150キロを出したい」と意欲を語る。
 伸び盛りの3年生に、大塚監督は「先発で5、6勝させたい」と全幅の信頼を置く。津森は「後ろにいい投手がいるので最初から全力で投げる。明治神宮大会まで全勝で行きたい」と活躍を誓った。


2018年09月03日月曜日


先頭に戻る