宮城のニュース

<楽天>弘前市の桜田宏市長ら「ぜひ来年も開催してほしい」

 東北楽天の1軍公式戦を3年連続で誘致しようと、弘前市の桜田宏市長らが2日、仙台市の楽天生命パーク宮城を訪れ、立花陽三球団社長に要望書を手渡した。
 2017年に29年ぶりのプロ野球1軍戦を弘前市で開催。今年も7月に東北楽天−ソフトバンクが実施され約1万3300人が詰め掛けた。
 桜田市長は「チケットがあっという間に売り切れるくらい野球熱が高い。ぜひ来年も開催してほしい」と直訴。立花社長は「青森、東北を盛り上げるためにも、実現できるように努力したい」と応じた。


2018年09月03日月曜日


先頭に戻る