宮城のニュース

<宮城・七ヶ宿町長選>11日告示 小関氏無投票再選か

小関 幸一氏

 任期満了に伴う宮城県・七ケ宿町長選は、11日の告示まで1週間となった。立候補を表明したのは、再選を目指す無所属現職の小関幸一氏(65)のみ。前回2014年に続き、無投票となる可能性が高まっている。
 小関氏は町議会6月定例会で再選出馬を表明。町中心部のにぎわい拠点施設整備を核とした地方創生関連事業の継続を訴える。公約に(1)農林業の活性化(2)教育の充実(3)若者の定住促進と雇用拡大−などを掲げる。
 同じ日程の町議選は今回から定数1減の8となる。3日時点で現職6人と新人2人の計8人が立候補の意向を明らかにしている。
 選挙になった場合、ともに投票は16日に行われ、即日開票される。3日現在の有権者は1254人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年09月04日火曜日


先頭に戻る