宮城のニュース

<台風21号>今夜、東北に接近 暴風、高波に警戒を

 非常に強い台風21号は3日、日本の南の海上を北寄りに進んだ。4日昼ごろに紀伊半島や四国に上陸、近畿を直撃する恐れがある。最大風速が秒速44メートル以上の非常に強い勢力を保ったまま上陸すれば、1993年の台風13号以来25年ぶりとなる。東北には4日夜遅くから5日朝に日本海沿岸に近づく見込み。(24面に関連記事)
 仙台管区気象台によると、台風の接近に伴い、日本海側の海上を中心に猛烈な風が吹き、太平洋側を含め大しけとなる見通し。管区気象台は暴風や高波、高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けている。
 4日は台風の接近に伴って、西日本から東日本の太平洋側では急に雨が強まり、雷を伴って局地的に猛烈な雨が降る。5日午前0時までの24時間予想雨量は四国と近畿、東海が500ミリ、関東甲信が400ミリ、北陸が300ミリ、中国が150ミリ、東北と九州北部、九州南部が100ミリ。
 東北では4日夜遅くから雷を伴い1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る所がある見通し。5日午後6時までの24時間の予想雨量は多い所で100〜200ミリ。
 管区気象台によると、4日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は日本海側の海上30メートル(45メートル)、陸上20メートル(35メートル)、太平洋側の海上20メートル(30メートル)、陸上18メートル(30メートル)。波の高さは日本海側、太平洋側とも5メートル。
 台風21号は3日午後9時現在、種子島の南東約270キロを時速約20キロで北に進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の東側220キロ以内と西側170キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。
 国内航空各社は、4日に近畿、東海、四国の各空港を発着する便を中心に計600便以上の欠航を決定。東海道・山陽新幹線は午前から運転を見合わせたり、本数を減らしたりし、JR四国も午前9時ごろから四国内の全列車を運休する。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月04日火曜日


先頭に戻る