宮城のニュース

<台風21号>豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」が石巻寄港中止 大型客船の寄港中止3回目に

 台風21号の接近に伴って4日、石巻市の石巻港で5日に予定されていた豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」(定員2706人、11万5875トン)=英国船籍=の寄港中止が決まった。同港への大型客船の寄港中止は7月以降3回目。空港でも欠航が相次ぐなど、東北で影響が広がった。
 ダイヤモンド・プリンセスは、7月28日の初寄港を台風12号の影響で断念。過去最大のクルーズ船「MSCスプレンディダ」(定員3247人、13万7936トン)=パナマ船籍=は8月9日の初来港を台風13号の接近で中止した。
 市は寄港を訪日外国人旅行者(インバウンド)拡大につなげようと、それぞれ歓迎式典を予定していた。
 空路の欠航は伊丹、名古屋線が中心。仙台国際空港(名取市)によると仙台空港発着便は国内線60便、国際線1便が欠航した。他空港の欠航は青森22便、花巻13便、秋田20便、山形10便、福島6便。5日も青森、花巻、山形と小牧空港を結ぶ各1便が運航を見送る。
 強風のため東北新幹線も4日夜からダイヤが乱れた。東北電力によると4日午後11時現在、宮城県内の約6000戸を含め東北6県の約1万9000戸が停電した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月05日水曜日


先頭に戻る