秋田のニュース

「金農デニッシュ」も再登板 秋田のローソンで18日再発売、パンケーキは販売網拡大も検討

再販売される金農デニッシュドーナツ

 第100回全国高校野球選手権大会で準優勝した金足農高(秋田市)の活躍を受け、ローソン(東京)は同校と共同開発した「金農デニッシュドーナツ」を18日、秋田県の約200店舗で再発売する。同県内で8月下旬から再販売中の「金農パンケーキ」は反響の大きさなどを考慮し、東北6県での販売を前向きに検討する。
 竹増貞信社長が4日、仙台市内で河北新報社の取材に明らかにした。竹増社長は「デニッシュドーナツも金農生の思いが詰まった商品。金農生や地域の『わがまちの誇り』であり、お客さまからの要望も強い」と説明した。
 パンケーキの販売網拡大については「東北の皆さんが金農を応援した。金農生も喜んでくれるなら、取引先の協力を得て東北エリアで販売したい」と語った。
 デニッシュドーナツは秋田県産あきたこまちの米粉と卵を使った生地に、男鹿半島の塩を配合したキャラメルクリームを入れた。パンケーキは生地にしょうゆを練り込み、蜜漬けリンゴを挟み込んだ。
 金足農高の食品流通科と生活科学科の2、3年生が味付けや包装を考案。たけや製パン(秋田市)が製造を担う。価格はデニッシュドーナツ150円、パンケーキ145円。両商品は当初、5月下旬から約1カ月限定で販売されていた。


関連ページ: 秋田 経済

2018年09月05日水曜日


先頭に戻る