福島のニュース

<福島第1事故>肺がん初の労災認定 死亡例も初

 厚生労働省は4日、東京電力福島第1原発事故後の収束作業などに従事した50代の男性について、発症した肺がんの原因は放射線の被ばくとして、労災認定したと発表した。男性は既に死亡している。同省によると、原発事故を巡る同種の労災認定は5例目で、肺がんは初。死亡例も初めてという。これまでの4例は白血病が3例、甲状腺がんが1例だった。
 男性は原発関連の仕事を受け持つ協力会社の従業員。1980年6月から各地の原発で放射線管理業務に従事し、2011年3月の原発事故後は構内で放射線量を測り、作業計画を策定する業務や除染作業の事前モニタリングなどに従事した。
 男性の死亡後、遺族が会社を管轄する水戸労働基準監督署に労災を申請。医学専門家らによる厚労省の検討会が8月28日に被ばくと肺がんとの因果関係を認め、労基署が労災と認定した。
 厚労省は、放射線被ばくによる肺がんの労災認定について、被ばく線量や被ばく開始から発症までの期間などを考慮し、総合的に判断するとしている。男性の被ばく線量は約195ミリシーベルトで、うち事故後の作業による被ばくは約74ミリシーベルトだった。
 原発事故に関する被ばくの労災申請はこれまで15件あり、認定と不認定がそれぞれ5件。残りは調査が続いている。


2018年09月05日水曜日


先頭に戻る