宮城のニュース

<楽天>村林、守備の痛いミス猛省

 若手の二遊間で臨んだ内野守備で失点につながるプレーが出た。八回1死一、二塁でオリックスの4番吉田正は二ゴロ。併殺かと思われたが、二塁村林が二塁上の遊撃西巻にバックトスした送球は大きくそれ同点とされた。
 村林は「自分が下手だったからミスをした。しっかり練習します」と猛省。平石監督代行は「バックトスの選択は悪くないが、こういう緊迫した場面でミスは、チームはもちろん、村林にとっても痛かったと思う。次に生かしてほしい」と話した。


2018年09月06日木曜日


先頭に戻る