宮城のニュース

<楽天>投打かみ合い2連勝 オリックス戦の勝ち越し決める

 東北楽天は投打がかみ合って2連勝。今季のオリックス戦の勝ち越しを決めた。
 先発則本はテンポの良い投球で、8回4安打無失点、自己最多の14三振を奪う力投で7勝目を挙げた。
 打線は四回、島内の左前適時打で先制した。九回には田中、銀次の連続適時二塁打、ウィーラーの適時打など5短長打を集中させて3点を加えた。オリックスは打線が振るわず2連敗。

 オリックス−東北楽天21回戦(東北楽天13勝7敗1分け、18時、ほっともっとフィールド神戸、10,057人)
東北楽天 000100003=4
オリックス000000000=0
(勝)則本22試合7勝10敗
(敗)東明3試合2敗


2018年09月07日金曜日


先頭に戻る