宮城のニュース

<仙台ハイランド産廃不法投棄>元責任者ら有罪判決「投棄を指示した責任は重い」

 仙台ハイランド跡地(仙台市青葉、太白両区)の不法投棄事件で、ハイランドのサーキット場解体を担い廃棄物処理法違反の罪に問われた建設会社「ビータム」(東京)と、現場責任者だった元社員森木亘被告(45)=仙台市宮城野区鶴ケ谷東4丁目=の判決で、仙台地裁は7日、同社に求刑通り罰金500万円、被告に懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。
 田郷岡正哲裁判官は「現場責任者として作業員に投棄を指示した責任は重いが、埋めた廃棄物を掘り起こして原状回復を進めている」と執行猶予の理由を述べた。
 判決によると、被告は作業員らと共謀して2017年6月17日、サーキット場解体に伴うアスファルト片約350トンを敷地内のくぼ地に捨て、埋めた。
 被告に投棄を指示したとして同法違反容疑で逮捕、送検された大阪市の設計会社社長(64)は8月に処分保留で釈放され、仙台地検が任意で捜査している。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月08日土曜日


先頭に戻る