宮城のニュース

新しい遊具で楽しく遊ぼう 大河原・子育て支援センター

新たに設置された室内遊具で遊ぶ子どもたち

 大河原町子育て支援センターが新たに、幼児用の大型室内遊具を施設内に設置した。スーパーマーケットの「フレスコキクチ」を同町などで展開するキクチ(相馬市)が町に贈った寄付金50万円を活用して購入した。
 遊具は、正方形のブロックを組み合わせたジャングルジムのような形で、二つの滑り台やトンネルが付いている。センターには多くの親子が訪れ、幼児を元気に遊ばせている。
 町の担当者は「室内遊具は天候に左右されず、子どもたちが伸び伸びと遊べる。町内外の多くの人に利用してほしい」と呼び掛ける。
 センターは、町世代交流いきいきプラザ内にある。遊具の利用は主に未就学児が対象。開館は月―土曜の午前9時半〜正午、午後1時半〜4時。連絡先は町子育て支援センター0224(51)9297。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月09日日曜日


先頭に戻る