宮城のニュース

<楽天>序盤に大量点、継投でリード守り切る

東北楽天―日本ハム 2回東北楽天2死一、二塁、ウィーラーが左越え3ランを放つ。捕手清水=楽天生命パーク宮城

 東北楽天が序盤に大量得点し、継投でリードを守り切った。
 二回に内田の6号先制ソロ、ウィーラーの11号3ランなど打者11人の攻撃で一挙8点を先行し、三回に藤田の4号ソロで加点した。先発岸は5回8安打4失点と苦しみながらも、4季ぶりの10勝目を挙げた。六回以降は救援陣4人が無得点に抑えた。
 日本ハムは先発上沢が誤算。3回9失点と崩れた。

東北楽天−日本ハム20回戦(9勝9敗2分け、14時1分、楽天生命パーク宮城、24,524人)
日本ハム000220000=4
東北楽天08100000×=9
(勝)岸21試合10勝3敗
(敗)上沢22試合10勝5敗
(本)内田6号(1)(上沢)=2回、ウィーラー11号(3)(上沢)=2回、藤田4号(1)(上沢)=3回、レアード26号(2)(岸)=4回


2018年09月09日日曜日


先頭に戻る