宮城のニュース

<仙台六大学野球>学院大と福祉大が先勝

工大−学院大 七回に勝ち越しの2点三塁打を放った学院大の渡辺翔

 第2節第1日は8日、仙台市の東北福祉大球場で福祉大−宮城教育大、東北工大−東北学院大の各1回戦があり、福祉大と学院大が先勝した。
 福祉大は二回に大西の左中間を破る三塁打などで一挙7点と打線が爆発。8−0で宮教大に七回コールド勝ちした。学院大は七回に4番渡辺翔の2点三塁打などで逆転し、10−6で工大に打ち勝った。
 第2節第2日の9日は、同球場で学院大−工大、宮教大−福祉大の各2回戦が行われる。

◎終盤畳み掛ける

 工大−学院大1回戦(学院大1勝)
工 大100020012=6
学院大10010053×=10
(勝)高木1試合1勝
(敗)佐藤洸1試合1敗

 【評】学院大が終盤畳み掛けて逆転勝ち。2−3の七回、1死三塁から佐藤翔の左前適時打、渡辺翔の2点三塁打などで5点を奪うと、八回にも鈴掛の二塁打などでリードを広げた。工大は九回に2点を返すも届かなかった。

<4番渡辺翔、勝ち越し打含む3打点>
 春季4位に終わった学院大が工大との打撃戦を制した。4番渡辺翔は三塁打2本で2安打3打点と大当たり。「初戦を勝てて良かった」と頬を緩めた。
 1本目の三塁打は先制された直後の一回、2死二塁で4球目の直球をフルスイング。「相手の一番自信がある球を狙った」と中越えに運んだ。七回の2本目は右中間を破る勝ち越し打となり、主砲の役割を果たした。
 昨秋の首位打者は春季、好不調の波があり、チームは初のBクラス(4位以下)となった。「自分が攻守で仲間をもり立て、Aクラス復帰を目指す」と力強く語った。

◎2回に大量7点

 福祉大−宮教大1回戦(福祉大1勝)
福祉大0700100=8
宮教大0000000=0
 (七回コールドゲーム)
(勝)津森2試合2勝
(敗)広島2試合2敗

 【評】福祉大が七回コールド勝ち。二回、1死二、三塁から大西の左中間を破る三塁打、楠本の中前打などで7点を先取。五回には吉田の犠飛で1点を加えた。宮教大は投手陣が踏ん張れなかった。

<大西、2回猛攻の口火切る三塁打>
 福祉大が13安打の猛攻で大勝。二回に先制の三塁打で口火を切った大西は「塁に出ることを最優先に考えていた。素直にうれしい」と喜んだ。
 1死二、三塁の好機で外角の直球を踏み込んで捉え、春に最多盗塁のタイトルを獲得した快足で三塁まで進んだ。「うまくバットに当てられた。仕事ができて満足」と振り返った。打線はこの回、7長短打で7点と勢いづいた。
 大西は第1節の東北大戦では2試合無安打。練習では体の開きを抑えるよう意識したという。「秋の初安打が先制打になってよかった。次も結果を出す」と気合を入れた。


2018年09月09日日曜日


先頭に戻る