宮城のニュース

<NPOの杜>全ての子どもに夢と希望を

 多くの子どもたちが、将来の夢や希望をかなえるために高校や大学への進学を目指し塾に通っています。一方で、今の日本では約7人に1人の子どもが貧困状態にあり、進学先を変更したり、進学自体を諦めたりせざるを得ない子どもたちがいます。
 「貧困などの困難な環境にある子どもたちにも、公平なチャンスを与えるために」と活動しているNPO法人キッズドアは、震災後、東北事務所を構え、仙台市内で経済的な理由で塾に通えない中高生を対象に、無料の学習サポート「タダゼミ」と「ガチゼミ」を開いています。
 宮城野区榴岡にある事務所や仙台市生涯学習支援センターで、大学生や社会人のボランティアが、子どもたち一人一人の学力や理解度に合わせ、丁寧に教えてくれます。進学や進路の悩みは、時には親も交え、スタッフが親身に相談に乗ってくれます。
 あなたの周囲に経済的な理由で進学に悩んでいる子どもがいたら、ぜひこの団体のことを教えてあげてください。連絡先は022(354)1157、ホームページはhttp://kidsdoor-fukko.net/です。子どもたちの夢をかなえるお手伝いのボランティアも募集中です。
(認定NPO法人杜の伝言板ゆるる 後藤和広)


関連ページ: 宮城 社会 NPOの杜

2018年09月10日月曜日


先頭に戻る