宮城のニュース

「神のお告げである」大和町役場の駐輪場壁に落書き

 宮城県大和町役場で敷地内の駐輪場の壁に落書きが見つかった。大和署が器物損壊事件として調べている。町などによると、高さ約3メートル、幅約20メートルの壁一面に、黒と赤のスプレーのようなもので、職員を中傷するような文言や「神のお告げである」などと書いてあった。落書きは既に消された。6日午前5時半ごろ、通行人が見つけたという。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月11日火曜日


先頭に戻る