青森のニュース

<お山参詣>「サイギ、サイギ」御幣掲げ岩木山に豊穣祈る

御幣を掲げて岩木山を目指す参拝者

 岩木山に五穀豊穣(ほうじょう)と家内安全を祈る青森県津軽地方の秋祭り「お山参詣」が8日から10日まで行われた。
 「宵山」の9日は、参拝者が岩木神社までの約7キロを練り歩く「レッツウォークお山参詣」があり、県内を中心に関東や九州から約370人が参加した。
 かんなくずで作った御幣や色鮮やかな旗を掲げて弘前市岩木分庁舎を出発。参拝者は笛や太鼓の登山ばやしに合わせて「サイギ、サイギ」と唱えながら神社を目指した。
 お山参詣は1984年に国の重要無形民俗文化財に指定された。イベントは観光客にも祭りを体験してもらおうと岩木山観光協会(弘前市)が主催し、今回で35回目。
 旧暦の8月1日に当たる10日は、参拝者が岩木山頂で御来光を拝む「朔日山(ついたちやま)」で祭りを締めくくった。


関連ページ: 青森 社会

2018年09月11日火曜日


先頭に戻る