岩手のニュース

ゆべし食うべし走るべし プロテイン入り開発

プロテイン入りの「はしるべし。」を売り込む菅原さん

 北上市の菓子店「お菓子の菓だん」が販売するプロテイン入りのくるみゆべし「はしるべし。」が、ジョギング愛好家の間で話題になっている。半年がかりで商品開発した社長の菅原誠一さん(47)は「激しい運動をした後の筋肉の疲労回復にどうぞ」とPRしている。
 売り上げが伸び悩む中「他にはない新しいゆべしを作ろう」と思い立った菅原さん。何種類もプロテインを取り寄せて一つ一つ食感などを確かめ、昨年6月に納得の逸品を完成させた。
 生地に練り込んだのは、乳清から抽出され、体への吸収が早いというホエイプロテインだ。1パック(150グラム入り)に卵1個とほぼ同じの約5グラムのタンパク質を含んでいる。
 糖質も約100グラムを摂取でき、マラソンやサッカーといった激しい運動後のエネルギー補給や筋肉の疲労回復を助けるという。
 昨年10月には北上市の「いわて北上マラソン」に出店。ランナーに無料で配ったところ「筋肉痛が緩和された」「翌日の出勤が楽になった」といった反響が寄せられた。
 菅原さんは「プロテインにあまりなじみのない高齢者にも気軽に食べてもらえるのではないか」と話す。2019年のラグビーワールドカップ日本大会や20年東京五輪・パラリンピックをにらみ、増産も検討中だ。
 店舗とオンラインショップで販売しており、1パック648円。連絡先はお菓子の菓だん0197(72)6953。


関連ページ: 岩手 経済

2018年09月11日火曜日


先頭に戻る