岩手のニュース

<震災7年半>元岩手県職員 漁業女子が奮闘「浜の再生へ共に」

大きなアナゴを捕って笑顔の高橋さん(左)と中島さん

 東日本大震災から7年半がたった大船渡市三陸町綾里地区で、本気の覚悟を秘めた「漁業女子」が奮闘している。26歳の見習い漁師高橋典子さんは元岩手県職員だ。浜の再生に向け、76歳の先輩漁師中島重男さんと船を出す。
 7日午前5時すぎ、綾里漁港から沖合3キロのポイントに着いた。水深約80メートルの海底に仕掛けた籠を次々引き上げる。「これも大きいぞ」。大漁のアナゴに2人の笑い声がはじけた。
 今春、地元水産会社に入社し、第18新栄丸(2.5トン)の操縦を任されるようになった。
 アナゴの生態に関する論文を読み込んだ。地形を分析し、仕掛けを改良した。緻密な仕事ぶりは、やはり公務員仕込みだ。「風や波の向き、潮の流れ、海水温。海の条件は毎日違う」と勉強熱心な高橋さんに、中島さんも舌を巻く。
 花巻市生まれで、子どもの頃から公務員志望だった。2014年に県庁職員となって大船渡地域振興センターに赴任。休日を利用して知り合いの漁師がいる綾里地区に通ううち、浜のとりこになっていった。
 ホタテ養殖を手伝ったり、定置網の漁船に乗せてもらったり。2級小型船舶免許を取得し、潜水士の資格も得た。17年に県庁へ異動して自動車関連産業の担当になった後も、魚を取ったときの「わくわく感」(高橋さん)が忘れられなかった。
 知人の漁師は「女で漁師はできねえ」と反対したが、やると決めたら突き進む。今年3月、県を辞して浜に舞い戻った。
 不思議そうに「おめぇ、どこの嫁だ?」と尋ねていた浜の人たちが、いつしか「今日はどれだけ取れた?」と聞くようになっていた。重い漁具を運ぶのにてこずっていると、誰かが手を差し伸べてくれる。
 沖では漁獲を競い合う。おかに上がれば助け合う。そんな浜の流儀が大好きだ。「いつか、浜で一番の漁師になりたい」と勝ち気に夢を語る。
 綾里地区は津波で27人が犠牲になり、漁港が被災、漁船も多数流失した。漁師も震災前に比べて随分減ってしまった。ここ数年は不漁が浜に影を落とす。
 「暗い話ばかりだけれど、一緒に浜を育み、再生に向かいたい」と高橋さん。「漁師の家に嫁いで、自分の船を持つのが目標です」と語り、からっと笑った。


2018年09月11日火曜日


先頭に戻る