広域のニュース

火山性地震が吾妻山で増加

 仙台管区気象台は10日、山形、福島両県にまたがる吾妻山(吾妻連峰)で火山性地震が一時的に増加したと発表した。火山性微動は観測していない。
 火山性地震は8日午後8時ごろから増え、9日は47回、10日は午後4時までに21回観測した。震源は大穴火口付近直下の浅い所と推定している。吾妻山では7月22日に火山性微動があり、傾斜変動が続いている。


関連ページ: 広域 社会

2018年09月11日火曜日


先頭に戻る